設計者インタビュー:加古川市で中古住宅をリノベーション

_DSC3661

リフォーム・リノベーションするにあたり、お施主様にこだわりがあるように設計者にもこだわりがあります。
今回はそんな”こだわり”について、加古川での中古住宅をリノベーションした際の設計者のこだわりを少しお話ししたいと思います。

今回のだわりのポイント

  • 1.中古住宅の物件選びから同行
  • 2.中古住宅を自分たちの思い描くオリジナルの空間へ

 

1.中古住宅の物件選びから同行

今回はお施主様と一緒に物件選びから同行させていただきました。
たくさんある物件の中で、お施主様が「この物件がいいのでは」と思われても、建物自体が良くても工事の搬入経路や費用のことなどを考えると厳しいことも…。
何度も打ち合わせを重ねながら、物件を探します。
その中で私自身、物件選びをしていくにはデザインだけでなく工事のことも考えて物件選びをする必要があると考えさせられました。

リノベーションをするのにふさわしい物件に出会うまでは時間がかかりましたが、お施主様と根気よく探した結果、やっと建物の良さを生かしながらも個性ある空間づくりができそうな物件に出会うことができました。
こだわりがある時はとことん話し合い、とことん探す、…そのお手伝いからさせていただき本当に良かったと思います。

 

_DSC3734
のんびりお茶をしたり、ゆっくり読書をしたり…くつろぎの空間に

 

2.中古住宅を自分たちの思い描くオリジナルの空間へ

改修前は小さな部屋がたくさんあるという現状だったのですが、勾配天井で天井高を高く取れると気づき、二階のダイニングキッチンを含むこじんまりとした3つの部屋をひとつながりの空間にしてお施主様のご要望通りLDKを大きくとりました。
また屋上にルーフバルコニーがあったので二階にあったベランダをインナーバルコニーとすることで、パリで見た邸宅のようなデザインに。

さらにヨーロッパの装飾を施すためモールディングやバルコニーのドアや窓にもこだわり、キッチンも北欧イケアを使い個性ある空間を演出しました。
また、欧米ではリビングに暖炉などのファイヤーサークルを設けていることから、こちらには壁掛け式の暖炉を設置し火の見える空間を作りました。

 

天井が高く、広々とした空間に
天井が高く、広々とした空間に

 

とっても開放的なバルコニー
とっても開放的なバルコニー

コチラの記事も合わせてどうぞ♪
『お客様インタビュー:加古川市で中古住宅をリノベーションしたお客様の声』

The following two tabs change content below.
リノBe 編集部

リノBe 編集部

リノBeブログ編集部では、雑貨・DIY・インテリアなどの憧れのライフスタイルを実現するための情報をお届けいたします。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket